過保護な猫飼い

アクセスカウンタ

zoom RSS ひな祭りとバチあたりシャムの思い出

<<   作成日時 : 2010/03/02 02:34   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

3月にもなり暖かい・・・しかし天気が悪い・・・・。

明日はひな祭り

画像


あれ?今年はひな人形を出していないことに今気付きました。

何か長年雛人形を長く飾っていると
嫁の貰い手がなくなる…とか言う迷信がありましたが数十年(時々今年のように飾るのを忘れる年もありますが)遅くまで出し続けてはいますが・・・・。

大丈夫でした・・・。

何とか嫁の貰い手は昔(?)で言うと少し遅いかもしれませんが何とか20代最後の年にありました・・・。

2匹の猫も一緒に貰い手は何とか見つかりました・・・。

まあ、こんなことはどうでも良いとして・・・。

子供のころ、3月3日の給食にはささやかながら雛ケーキが出るのが楽しみだったことを思い出しました。

一人づつカップに入った様なケーキでしたが・・。

家では私が生まれた時からの巨大な7段飾りの御雛様がありその前にはばらずし(ちらしずし?)といなりずしがお供えされていたような・・・。

子供のころには甘〜い白酒もあった・・・。

あの頃は平和だったな・・・・。

我が家では数年前、
家に初代ニャーさん(シャム猫)がいたころ一番上の御雛様を落としてしまい、本来お雛様が座っている位置に
ニャーさんが座っていたことを思い出します。
※今でも笑い話です・・・。

襖を閉めていても当時襖をあけるのが趣味(?)のアカちゃんがいて、ニャーさんに命令されていたのか連係プレーでニャーさんだけが雛飾りの上で・・・・。

幸い今のシャム姫たちは家に行くことはほとんどなくマンション生活で雛飾りもマンションには無いのでそんな光景にはここ数年お目にかかっていません。

多分家に行くとニャーシアあたりが同じことをやりそうです。
アーシアは襖をあけるのが得意ですし・・・。

★ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いいたします。σ(^◇^;)
                                 
にほんブログ村 猫ブログ シャム猫へ
ペットブログランキング
Pet専門クチコミ情報サイトPet-Webへはこちら


本来のひな祭り
平安時代に自分に降りかかる禍の身代わりとし紙で作った人形を川に流す「流し雛」があり、雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になったらしいです・・・。。

災い除けか・・・・。

そういえば毎月、月末に私はホワイトセージやセラピスベイを使って思いっきり浄化をしますが、今月????が続いたので今日もお昼にやっていました・・。

2月28日、3月1日と二日もかけて・・・。

3日には流し雛的なものもしてみるか!

徹底的に災い除けだ!!
画像
画像
画像


私の浄化グッズたちです・・・。
ホワイトセージの入れ物までシャム猫です!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひな祭りとバチあたりシャムの思い出 過保護な猫飼い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる