あれから一週間&復帰の日&恐怖体験

退院してから早くも一週間・・・。

更新も遅くなり申し訳ないです・・。

帰ってきても何処へ行けるでもなく、入れ替わり人が来たり、用事があったりと
あっという間の一週間でした。

まだ、重い物は持てず、お風呂も23日(最後の通院?)までシャワーしか無理で、何より困るのが長い時間歩けない・・・。

だからスーパーにも行けず、行けてもコンビニ・・・。

ビックリしたのが足の爪が切れなかった・・・。

身体を曲げると傷が痛くって・・・・だから切ってもらったりと・・。

結構周りに迷惑を掛けながら過ごしていました。

この一週間ハマっていたのがDVD!

それもGメン75にハマっています・・。

当時私は小学生でしたが初回から見ていたみたいで・・覚えているのが怖い・・・。

オマセな可愛気のない小学生だったんですね・・。

一番好きだったのがGメンVS香港空手のシリーズだったのを思い出しました
(どうでも良いけど)

身体の方も日にち薬で回復しておりますので・・
ご心配ありがとうございました。

それと皆様から私の復帰の日のお問い合わせを多く頂いているとのこと・・・。

自分で前に15日~と言っておきながら諸事情があり、15日~は無理になってしまい、

18日(土)~と正式に決まりましたので御報告させて頂きます。
※最初の時間は短いですが・・・・。

今後ともよろしくお願いいたします。

画像


今日のシャム猫・・・私がいない間布団で寝なかったシャム姫達はこの一週間、以前のように私の両脇で眠るようになりました。
※帰った日からニャーシアは右でアーシアは左で・・シャム姫達にも、いつもの日常が戻ってきたようです。

★ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いいたします。σ(^◇^;)
                                 
にほんブログ村 猫ブログ シャム猫へ
Pet専門クチコミ情報サイトPet-Webへはこちら

前回書いた恐怖体験のことですが・・・。

退院前夜にあったのです。

元々、寝付きの悪い私は、眠剤をもらって飲んでいました。

その日も同じで・・しかし、夜中目が覚めてしまって本を読んでいたらコンコンとドアをノックする音がしたのです。

単純に看護士さんの見回りかな?と思い「はい」と言っても無言で・・・。
※しかし後で考えると夜中は看護士さんはノックせずに見回りに来る

隣か・・?と思い気にしなかったらコンコンとまたノックする音が・・・。

え?!やっぱり私の部屋だ・・

何故入ってこないんだろう?
って思いながらドアの方に無意識に行くとドアの上の方にある磨りガラスの部分が少しオレンジっぽい色になって光ってて・・・。

えっ?!えっ?!って頭の中がパニックになっていると声が聞こえたんです・・・。

消えそうな細~い女の人の声で
開けて~開けて~」「入られへんねん・・・・」って
私はゾーッ!とする久々の恐怖・・・。

何か怖い・・って思った瞬間、軽い金縛り状態(立ったままで)・・・。

必死にベッドまで戻って布団をかぶり何も考えずに一心に
早く帰って!入れられへんねん!」を連呼するばかり。

気がつく眠ってしまい朝になっていました。

絶対夢ではなく、朝起きると読んでいた本はドア近くに置いてあったり・・。

前に書いた黒猫のぬいぐるみが部屋にありドアを睨んでいたもので入れなかったんでしょうか・・?

しかし今考えると「入られへんねん」って関西弁の幽霊か?

最後の日に自分の存在か何かを伝えたかったのかも知れませんが私にとっては怖いとしか言いようが無く・・。

あまりにもリアルだったので前回書けませんでした・・・。

では今日はこの辺で・・・。

18日からもよろしくお願いします!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック